ワキガ手術-イメージ

  • 「わきの匂いがどうしても気になるので、ワキガ手術を考えている」
  • 「ワキガ手術で本当にワキガが治るのか知りたい」
  • 「ワキガ手術を受けたいけど、跡が残るのか不安」

という疑問や悩みをお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか?

ワキガの悩みは本人にとっては、とても深刻で辛い悩みですよね。

この記事では、ワキガでお悩みの方、手術を考えている方に向けて、ワキガ手術の基本知識、メリットとデメリット、最近新しく誕生した切らないワキガの治療法について、まとめてみました。

ワキガ切開手術2種類と基礎知識

反転剪除法(はんてんせんじょほう)とは

ワキガの手術として、現在、最も一般的に行われているのは、「反転剪除法」(はんてんせんじょほう)と呼ばれる手術です。

「反転剪除法」は、ワキのしわに沿って約5センチ程度の切れ目を数本入れて、皮膚を裏返して、ワキガの原因となるアポクリン汗腺を取り除き、手術後に元に戻すという手術法です。

従来の切除法のように、ワキの皮膚が引きつるようなこともなく、また最も再発が少ないと言われています。

また、多くの病院で保険適用が認められている手術法なので、経済的な負担も少ないです。

参考 国は負担してくれない?ワキガ手術の保険適用可能なクリニックはあるか

皮下組織吸引法とは

「皮下組織吸引法」も、一般的に行われているワキガの手術法です。

腋の下に1センチほどの穴を開けて、そこからカニューレという細い管を挿入し、ワキガの原因となるアポクリン汗腺を掻き出しながら、吸引するという手術法です。

美容外科クリニックなどで行われていて、一般的に保険適用は認められないことが多いようです。

皮下組織吸引法の費用はクリニックによって異なりますが、保険適用が認められない場合、15万円~25万円程度と言われています。

ワキガの切開手術のメリットとデメリット

再発が少ないが傷跡が心配な「反転剪除法」

反転剪除法のメリット

「反転剪除法」のメリットはなんといっても再発が少ないことです。

医師が直接目で確認しながら、アポクリン汗腺を取り除くため、確実に取り除くことができる可能性が高いそうです。

また、多くの病院で保険適用が認められている手術法なので、経済的な負担が少ないこともメリットの一つです。

反転剪除法のデメリット

「反転剪除法」は、従来の切除法のように、腋の皮膚が引きつるようなこともなく、傷跡も目立ちにくいと言われています。

ただし、「反転剪除法」は技術的に難易度が高い手術です。

再発を起こさず、傷跡が目立たない手術を確実に行うためには、経験が豊富で腕の良い医師を選ぶ必要があります。

また、術後の安静が必要となり、一般的には一週間程度は仕事を休む必要があるため、仕事への支障が大きいのもデメリットの一つです。

傷跡は目立たないが再発が多い「皮下組織吸引法」

皮下組織吸引法のメリット

「皮下組織吸引法」は、1センチ程度の切開ですむため、「反転剪除法」と比べて体への負担が少ないというメリットがあります。

一般的に入院の必要もなく、早ければ手術の翌日からシャワーを浴びることができて、仕事への支障が少なくてすみます。

また、「反転剪除法」と比べて、傷跡が残りにくく、色素沈着もおこりにくいと言われています。

皮下組織吸引法のデメリット

「皮下組織吸引法」のデメリットは、なんといっても再発の可能性が高いことです。

皮下組織吸引法を受けた人の30~40%は再発するとも言われています。

また、皮下組織吸引法を保険適用で行うことができる病院は少なく、保険適用が認められない場合、15万円~25万円程度の費用がかかります。

高額な費用をかけて治療したのにも関わらずワキガが再発してしまい、大きなショックを受けたという方もいらっしゃるようです。

ワキガの手術よりおすすめ!切らないワキガの治療法

切らないワキガの最新治療法「ミラドライ」とは

ワキガの手術を考えている方には、「反転剪除法」と「皮下組織吸引法」よりもデメリットやリスクが少ないことで注目を浴びている最新の切らないワキガ治療法「ミラドライ」がおすすめです。※ただし費用はかなり高いです。税込み45万円です。2016年時点。

「ミラドライ」は、マイクロウェーブという電磁波を皮膚の上から照射して、その熱によりアポクリン汗腺を破壊するという新しいワキガの治療法です。

マイクロウェーブは、肝臓がん治療などの医療分野や電子レンジなどでも幅広く利用されている非常に安全性の高い電磁波です。

「ミラドライ」ではワキを切開しないため、傷を残す心配もありませんし、体への負担も少なくてすみます

「ミラドライ」が受けられる湘南美容外科

切らないワキガの最新治療法「ミラドライ」は、高品質な施術をリーズナブルな価格で提供することをコンセプトとしている湘南美容外科で受けることができます。

こちらの画像は、湘南美容外科のトップドクターとして活躍中の竹田先生による切らないワキガ治療「ミラドライ」を実際に受けた女性の方の治療直後のインタビューです。

治療時間は約50分で、痛みも全くなかったそうですね。

湘南美容外科では、「ミラドライ」の他にも「プレミアム超音波サーマル法」など、安全性が高く効果も高い最新のワキガ治療を行っていることで定評があります。

公式サイトから簡単に入力できる無料カウンセリングで、自分にぴったりの治療法について相談することもできます。

現在、お得な料金でワキガ治療を受けられるモニターの募集も実施していますので、気になる方は公式サイトをチェックしてみてください。

 ワキガの手術、切らない治療法まとめ

今回は、ワキガでお悩みの方、手術を考えている方に向けて、ワキガ手術の基本知識、メリットとデメリット、最新の切らないワキガの治療法「ミラドライ」について、ご紹介しました。

【この記事のまとめ】

  • ワキガの治療法として一般的なのは「反転剪除法」と「皮下組織吸引法」
  • 「反転剪除法」のメリットは、再発が少ないことと保険適用される病院が多いこと
  • 「反転剪除法」のデメリットは、難易度が高い手術のため、腕の良い医師を選ぶ必要があること
  • 「皮下組織吸引法」のメリットは、傷跡が残りにくく、色素沈着もおこりにいこと
  • 「皮下組織吸引法」のデメリットは、再発の可能性が高いことと保険適用が認められない場合、15万円~25万円という高額の費用がかかること
  • ワキガの手術を考えている方には、最新の切らないワキガの治療法「ミラドライ」がおすすめ

ワキガの悩みは誰にも相談できないという方も多くいらっしゃるようですが、一人で悩んでいると精神的にも負担が大きいと思います。

ワキガの手術を考えているという方は、ぜひ一度、信頼できる専門家に相談してみてください。

「ミラドライ」をはじめ、安全性が高く効果も高い最新のワキガ治療を行っている湘南美容外科の無料カウンセリングもおすすめです。

⇒ 湘南美容外科の無料カウンセリング予約はこちらから

ただし、ミラドライは2016年時点で税込み45万という価格帯で「さすがに無理!」っていう方も多いので、その場合には保険適用内で受けられるワキガ手術がおすすめです。

⇒ 国は負担してくれない?ワキガ手術の保険適用可能なクリニックはあるか