汗腺トレーニング-イメージ

「汗がベタベタしていてニオイが気になる」

「額、手のひら、背中など、特定の体の部位からたくさん汗が出る」

「普段、運動や入浴などで汗をかくことはほとんどない」

そんな方は、汗腺を鍛えることによって、汗のニオイが改善される可能性が高いです。

この記事では、汗のニオイが改善される自宅で簡単にできる汗腺トレーニングをご紹介します。

臭いがする汗としない汗

エクリン汗腺からの汗は本来は無臭

皮膚には、アポクリン汗腺とエクリン汗腺という二種類の汗腺があります。

アポクリン汗腺から分泌される汗には、タンパク質、脂肪、アンモニアなどが多く含まれています。

元々は異性を惹きつけるフェロモンのような役割をしていたこともあり、独特のニオイがあります。

一方、エクリン汗腺は、体温を調節する役割を持つ汗腺で、全身に約300万個も存在すると言われています。

エクリン汗腺が特に多いのは、手のひらと足の裏です。

エクリン腺から分泌される汗の成分の約99%は水分で、残りの約1%には塩分やミネラルなどが含まれています。

エクリン汗腺は汗が出るときにミネラルなどをろ過するため、エクリン汗腺から分泌される汗は、本来、サラサラしていて、ほとんど無臭のはずです。

エクリン汗腺からの汗が臭い原因は?

ですが、最近はエクリン汗腺の機能が低下して、ベトベトして臭い汗をかく人も増えているようです。

エクリン汗腺のろ過機能が衰えると、ミネラルやアンモニアなどのニオイ成分が汗に混ざるため、ニオイが生じます。

  • 顔、額、手のひら、背中など、体の特定の部分から集中してたくさん汗が出る
  • 汗がベタベタしていて、汗臭い

という方は、エクリン汗腺の機能が衰えていることが原因で、ベタベタした臭い汗が出ている可能性が高いです。

運動不足やエアコンの効いた部屋で過ごす時間が多いために、普段、汗をかく機会が少ないと、エクリン汗腺は休眠状態となり、機能が低下してしまうのです。

簡単にできる汗腺トレーニング

エクリン汗腺の機能低下による汗のニオイは、エクリン汗腺を鍛えることで解消することができます。

ここでは、エクリン汗腺の機能を改善するための汗腺トレーニングを3つご紹介します。

日常生活の中で簡単にできるので、ぜひ試してみてください。

1. エクリン汗腺を鍛える「手足高温浴」

手足高温浴は、汗腺が多い手足を温度の高いお湯につけることで、体全体の汗腺の機能を効率よく改善することができると言われている方法です。

汗腺トレーニングの方法

1. 高温のお湯で手足浴

浴槽に、43~44℃の熱めの湯を少なめに(3分の1程度)ためます。

浴槽の中に浴槽用の椅子(バスチェアでもOK)を入れて座り、両手のひじから先と両足のひざから下をつけます。

(四つん這いの状態でひじから先と、ひざから下をつけてもOK)

15分程度、そのままの状態で過ごすと、次第に全身が温まり、お湯につかっていない部分から、サラサラの汗が出ます。

2. ぬるい湯でリラックス

手足高温浴の後は、36~38℃のぬるま湯で半身浴または全身浴をします。

手足高温浴とぬるま湯浴を行うことにより、自律神経のバランスが整い、汗の調整がうまくいくようになると言われています。

3. 自然にクールダウン

入浴後は、クーラーなどにあたらず、ゆっくり汗をかきながら自然に体温が下がるのを待ちましょう。

身体の汗はタオルで軽くおさえるように拭き、汗がおさまるのを待ってから、体が冷える前に服を着るとよいでしょう。

クーラーや扇風機で体を冷やすと、体の自然な体温調整が妨げられてしまうので、控えましょう。

この手足高温浴は2~3週間ほど続けると、休眠状態だった汗腺が活性化し、全身からサラサラで無臭の汗をかきやすい体質になると言われています。

2. 半身浴も汗腺トレーニング効果あり

手足高温浴は面倒くさいという方には、手軽にできて、汗腺トレーニングとしての効果も高い半身浴もおすすめです。

半身浴は体への負担も少ないので、体力がない方、体が弱い方でも取り組みやすいと思います。

シャワーだけで済まさずに、お湯につかって、汗をかくことを心がけましょう。

入浴前に水を飲むとより汗をかきやすくなるので、おすすめです。

また、岩盤浴、ゲルマニウム温浴、サウナなどで汗をかくことも、機能が低下したエクリン汗腺を活性化する効果があると言われています。

3. 有酸素運動をする

体に軽い負荷をかけながら、ゆっくり長い時間をかけて行う有酸素運動も汗腺トレーニングとして効果的と言われています。

水泳、サイクリング、ランニング、ウォーキングなど、自分のペースで楽しみながらできる有酸素運動を見つけて、定期的に行うようにするとよいでしょう。

有酸素運動をする時間がなかなかとれないという方は、通勤の時に、一駅分、少し早いペースで歩いてみるなど、日常生活の中に取り入れてしまうのもおすすめです。

家の中でテレビを見ながら手軽にできる踏み台昇降運動もおすすめです。

踏み台昇降運動のやり方については、こちらの記事が参考になるかと思います。

有酸素運動をする際も汗をかきやすくするために、なるべくこまめに水分補給するようにしましょう。

汗腺トレーニングまとめ

今回は、エクリン汗腺の機能を改善して汗のニオイが解消される自宅で簡単にできる汗腺トレーニングをご紹介しました。

【簡単にできる3つの汗腺トレーニング】

  1. 手足高温浴を15分程度行った後、ぬるま湯で半身浴か全身浴をする
  2. 半身浴をする
  3. 有酸素運動をする

特に1の手足高温浴の後にぬるま湯浴をする方法は効果が高く、2~3週間ほどで、エクリン汗腺の機能が改善されて、サラサラで無臭の汗をかく体質になると言われています。

ベタベタして臭い汗が気になる方はぜひ試してみてください。

今回ご紹介した方法は、アポクリン汗腺からのワキガ臭ではなく、エクリン汗腺からの汗のニオイをとる方法です。

アポクリン汗腺からの独特なワキガ臭が気になる場合は、ワキガ臭対策用として販売されている消臭剤や消臭クリームなどを利用するとよいでしょう、

現在は非常に消臭効果が高い商品がたくさん販売されているので、上手に利用して、匂いを気にすることなく、毎日を楽しみましょう!