ワキガ臭がとれる洗剤-イメージ

「服に付いてしまったワキガ臭がなかなかとれない」

「洗濯してもとれない服に染み込んだワキガ臭や黄ばみをなんとかしたい!」

「クリーニングに出せば服に付いたワキガ臭や黄ばみはとってもらえるの?」

という疑問や悩みをお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか?

この記事では、服に付いたワキガ臭や黄ばみが洗濯しても取れない理由、ワキガ臭と黄ばみをとるために効果的な洗剤や漂白剤、服にワキガ臭がつくのを防ぐ方法などについて、まとめてみました。

服に付いたワキガ臭や黄ばみが洗濯しても取れない理由

ちゃんと洗濯しているのに服に付いたワキガ臭や黄ばみがなかなかとれないと悩んでいる方は多くいらっしゃるようです。

ワキガ臭の匂いを完全にとるためには、一般的な家庭用洗剤を使用した洗濯方法では不十分な場合もあります。

また、ワキにある「アポクリン汗腺」から分泌される汗の中には、「リポフスチン」という色素成分が含まれていて、この成分が服に付着することにより黄ばみが生じます。

ワキガの方は、「アポクリン汗腺」の数が多かったり大きかったりするため、服のワキの部分に黄ばみができやすいと言われています。

ワキガ臭や黄ばみをとるためにおすすめの洗剤・漂白剤と洗濯方法

重曹と酸素系漂白剤の組み合わせが効果的

服に付いた頑固なワキガ臭と黄ばみを同時にとるためには、重曹と酸素系漂白剤の組み合わせが効果的です。

重曹には、漂白効果があり、ワキガに含まれる「リポフスチン」による頑固な黄ばみにも効果的と言われています。

また服に染み込んだ頑固なワキガ臭を落とすには、酸素系漂白剤が効果的です。

ワキガ臭と黄ばみを同時に落とすための洗濯方法

酸素系漂白剤は40℃以下の水温では、ほとんど効果が発揮されないと言われているため、通常の洗濯機での洗濯では不十分です。

漂白剤は40〜50℃で、最も効果が発揮されるので、洗濯機に入れる前に以下のような方法で前処理をするとよいでしょう

  1. 小皿などに重曹を入れて、その上から液体酸素系漂白剤(花王のワイドハイターなど)を1:1の割合になるように入れて、混ぜます。
    (この際、ペットボトルなどの密閉容器に入れて混ぜると容器が破裂する危険があるので、必ず小皿などを使いましょう。)
  2. 1で作った液体洗剤を、シミのある部分に染み込ませ、スチームアイロンのスチーム、やかんなどの蒸気、ドライヤーの温風などをあてます。

50℃くらいのお湯に、1で作った液体洗剤を入れて、浸け置きするのも効果的です。

ただし、漂白力が非常に強いので、色柄物の場合は注意が必要です。

ドライクリーニングが必要な衣服の場合

ドライクリーニングではワキガ臭や黄ばみはとれない

家庭の洗濯機では洗えないドライクリーニングが必要な衣服の場合は、クリーニング屋に出すことになりますが、残念ながら、ドライクリーニングにはワキガ臭や黄ばみを落とす力はないと言われています。

ドライクリーニングというのは、水の代わりにガソリンを使うクリーニングです。

ガソリンは皮脂汚れや排気ガスなどの油溶性の汚れは落とすことができますが、汗などの水溶性の汚れはガソリンに溶け出さないため、落とすができないのです。

ワキガ臭や黄ばみには水洗いの汗抜きが効果的

クリーニング屋によっては、『汗抜きクリーニング』などのサービスを提供しているお店もあります。

『汗抜きクリーニング』には、ウェットとドライの2種類がありますが、ワキガ臭や黄ばみに効果的なのは、水を使用するウェットタイプです。

クリーニング屋で『汗抜きクリーニング』を利用する場合は、必ず水洗いを行うウェットタイプをお願いしましょう。

ウェットはドライに比べると、服の型崩れが起こりやすいので、店員さんからドライを勧められる場合もありますが、「ニオイをとりたい」という目的を伝えるとよいでしょう。

服にワキガ臭が付くのを防ぐ新発想のスプレー

ワキガ臭を防ぐ新型デオドラント「経衣類消臭法」とは

洗濯機に入れる前にワキガ臭を落とすための前処理をするのは面倒だし、クリーニング屋さんでウェットタイプの汗抜きをお願いするのはちょっと恥ずかしいという方もいらっしゃるのではないでしょうか?

そんな方には、「経衣類消臭法」という新しいコンセプトのデオドラント剤がおすすめです。

ニオイ成分は、プラスとマイナスという異なる極性を持ち、反対の極性物質と接すると中和されて無臭になるという性質を持っています。

この性質を利用して、プラス・マイナスの異なる極性をもつイオン分子を衣類にスプレーすることで、服に消臭効果を持たせるという発想から誕生したのが「経衣類消臭法」です。

服にワキガ臭が付くのを予防できる「イオンクリア」

そんな「経衣類消臭法」を元に開発されたデオラボの「イオンクリア」は、衣類にシュッと吹きかけるだけで、ニオイを瞬時に消すだけでなく、消臭成分のミネラルイオンにより、服にワキガ臭や黄ばみが付くのを予防することができる画期的なデオドラントスプレーです。

テレビCMなどはしていないため、知らない方も多くいらっしゃると思いますが、インターネットの口コミなどを通して、体臭で悩む方々の間では定番品と言われるほどの人気商品です。

下着やシャツ、洗濯できない学生服など、どんな衣類も「イオンクリア」をスプレーするだけで、「消臭服」に早変わりするので、とても便利です。

使い方もとても簡単です。

  1. 衣類から30cmほど離して、軽く湿り気を帯びる程度スプレーします。
  2. 液剤が十分に乾燥するまで待ってから着用します。

スプレーする量は、1か所につき3回程度でOKです。

「イオンクリア」は、衣類の繊維に強力に付着することで消臭効果が長時間、持続するため、朝、その日着る服にスプレーするだけで、1日中、気になるワキガの匂いを防いでくれます。

消臭スプレーでは効果がない、肌が弱くて、直接肌につける消臭クリームなどが使えないという方にもおすすめです。

服に付いたワキガ臭を落とす洗濯方法・予防法まとめ

今回は、服に付いたワキガ臭や黄ばみが洗濯しても取れない理由、ワキガ臭と黄ばみをとるために効果的な洗剤や漂白剤、服にワキガ臭がつくのを防ぐ方法などをご紹介しました。

【この記事のまとめ】

  • ワキガ臭の匂いを完全にとるためには、一般的な家庭用洗剤を使用した洗濯方法では不十分な場合もある
  • 服に付いた頑固なワキガ臭と黄ばみを同時にとるためには、重曹と酸素系漂白剤の組み合わせが効果的
  • ドライクリーニングではワキガ臭や黄ばみはとれない
  • 「汗抜きクリーニング」で、ワキガ臭や黄ばみに効果的なのは、水を使用するウェットタイプ
  • 「経衣類消臭法」を元に開発された新型デオドラントスプレー、「イオンクリア」を使うと服にワキガ臭が付くのを予防できる

ワキガ臭が気になる方、服にワキガ臭や黄ばみが付くのを防ぎたいという方は、ぜひ「イオンクリア」を試してみてください。