ワキガ手術-イメージ

  • 「反転剪除法というワキガ手術を受けたいけど、傷跡や後遺症が心配」
  • 「反転剪除法は保険が適用されると聞いたけど、安い料金で受けられるって本当?」
  • 「ワキガ手術の後の傷跡などのリスクについて知りたい」

そんな悩みや疑問をお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか?

この記事では保険適用で受けられる反転剪除法というワキガ手術の特徴、料金、傷跡などのリスクなどについて、まとめてみました。

反転剪除法の特徴と料金

反転剪除法の特徴

ワキガ手術-反転剪除法-イメージ

出典:「池袋サンシャイン美容外科」公式サイト

反転剪除法は、傷が目立たないようにワキの皺に合わせて数cm切開し、医師が直接肉眼で確認しながら切開した部分からアポクリン汗腺を取り除くというワキガ手術です。

完全摘出法、直視下摘除法などとも呼ばれており、現在、ワキガの手術として一般的に行われています。

反転剪除法の特徴は、ワキガの原因となるアポクリン汗腺自体を取り除くことから、効果が高く、再発の可能性も非常に低いことです。

ただし、技術的に難易度が高いため、傷跡が目立たず再発しない手術を確実に行うためには経験豊富で腕の良い医師を選ぶ必要があります。

参考記事:ワキガの手術にはメリットよりもデメリットが!事前に知っておきたい基礎知識

反転剪除法は保険適用の対象となる

保険適用のワキガ手術の費用-池袋サンシャイン美容外科-イメージ

出典:「池袋サンシャイン美容外科」公式サイト

現在、ワキガは腋臭症(えきしゅうしょう)として、国から健康保険の適用が認められおり、反転剪除法は保険適用の対象となります

参考記事:国は負担してくれない?ワキガ手術の保険適用可能なクリニックはあるか

ただし、反転剪除法は高度な技術が必要とされるわりには保険点数が低いため、採算が合わないことから、保険適用内で実施していない病院やクリニックも多いようです。

保険が適用されて安い料金で反転剪除法を受けられる病院を探しているという方には、片ワキ2万円程度という良心的な料金で反転剪除法が受けられる池袋サンシャイン美容外科がおすすめです。

池袋サンシャイン美容外科は、東京の池袋から徒歩5分というアクセスのいい場所にある美容外科クリニックで、贅沢に美を追求する人ではなく、本当に手術を必要としている方のために保険適用内で低価格な手術を行うことをコンセプトとしています。

ワキガ手術の実績も多くあり、確かな腕を持つ医師による反転剪除法が受けられるようなので、気になる方はぜひ公式サイトをチェックしてみてください。

反転剪除法のリスクや失敗の可能性は?

反転剪除法による傷跡が残る場合もある

一般的に、反転剪除法では、術後のアフターケアとして剥がした皮膚が創部からずれることを防ぐために「タイオーバー」と呼ばれる圧迫固定を行います。

この「タイオーバー」や抜糸などのアフターケアが適切に行われないと、傷跡の凹凸やツッパリ感などの後遺症が残る可能性もあります

傷跡の赤味や色素沈着に悩む方も多いようですが、ほとんどの方は術後半年~1年後にはほとんど目立たないくらい薄くなるようです。

先ほどご紹介しました池袋サンシャイン美容外科では、術後の傷跡が気になる方には、傷跡治療専用レーザー「スターラックス」による治療を行っています。

また、素沈着を軽減するクリームやケロイドを予防する飲み薬など、傷跡ケアに関する治療が豊富に揃っていて、無料カウンセリングでは、実際の傷跡が確認できるように多くの症例写真を見ることもできるそうです。

反転剪除法を受けたい方は、事前に傷跡のケアについてもしっかり確認しておくことをおすすめします。

術後の痛みは?

反転剪除法は麻酔をして行うため、手術中の痛みはないと考えて大丈夫だと思います。

ただし、術後のタイオーバーという固定による痛みはあるそうです。

痛みの度合いについては個人差がありますが、時間が経つにつれて軽減していくことが多いようです。

また、タイオーバーを外すことで痛みはなくなります。

術後の痛みについても気になる方は事前に確認しておきましょう。

術後の再発のリスクは?

反転剪除法は高度な技術を必要とする術式と言われていますが、未熟な医師が行った場合、アクポリン汗腺を十分に除去できずにワキガが治らなかったり、術後しばらくして再発してしまったりするというリスクがあります。

アクポリン汗腺の取り残しがあった場合、残されたアクポリン汗腺が活性化されて、さらにニオイが悪化したというケースもあるようです。

ワキガを根本的に治したくて、思い切って手術に踏み切ったのに再発してしまい、絶望的な気持ちになる方もいらっしゃるようです。

ワキガ手術を受けることを決めた場合は、再発した場合の保証については必ず事前に確認しておきましょう。

反転剪除法を受けた後、術後臭が発生する?

ワキガ手術後に、頭皮、額、首、肩、背中などワキ以外の箇所から体臭が発生するという「術後臭」を経験する方もいらっしゃるようです。

「術後臭」については医学的な根拠はなく、医師からは自己臭症の疑いがあると指摘される場合もあるそうですが、ワキガ手術後に他の部位からのニオイが強くなったという方がいらっしゃるのは気になりますよね。

ただし、日本では、清潔志向、消臭志向が強いため、必要以上にニオイを気にする方も多く、ワキガ手術を受けに病院やクリニックを訪れる方の中には実際にワキガ体質ではなく自己臭症が疑われる方が多いというのも事実のようです。

先ほどご紹介しました池袋サンシャイン美容外科などの良心的な施設では、事前に無料カウンセリングを行い、ワキガではないことがわかった場合、手術ではなく、軽度のワキガの方向けの治療を勧めるなどの対応を行っているそうです。

気になる方は一度、無料カウンセリングを受けてみるのもよいかもしれません。

リスクがなく効果的なワキガ解消法は?

傷跡などの後遺症のリスクや再発の可能性がある反転剪除法以外で、効果的でリスクがないワキガ解消法をお探しの方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そのような方には、効果的にワキガのニオイを解消できる「クリアネオ」のようなワキガ専用クリームもおすすめです。

また、リスクなしでワキガを根本的に解決したいという方には、非常に高い効果と安全性で今注目されている最新の切らないワキガ治療もおすすめです。

保険が適用されないため高額にはなりますが、分割払いが可能な医療ローンに対応しているクリニックも多いので、ニオイの悩みから永久に解放されたいという方は検討してみてもよいかもしれません。

反転剪除法のワキガ手術の特徴・リスクまとめ

今回は、保険適用で受けられる反転剪除法というワキガ手術の特徴、料金、傷跡などのリスクなどについて、まとめてみました。

【この記事のまとめ】

  • 現在、ワキガの手術として一般的に行われている反転剪除法の特徴は、ワキガの原因となるアポクリン汗腺自体を取り除くことから、効果が高く、再発の可能性も非常に低いこと
  • 反転剪除法は、技術的に難易度が高いため、傷跡が目立たず再発しない手術を確実に行うためには経験豊富で腕の良い医師を選ぶ必要がある
  • 反転剪除法は健康保険の適用が認められいるが、採算が合わないことから、保険適用内で実施していない病院やクリニックも多い
  • 保険が適用されて安い料金で反転剪除法を受けられる病院を探しているという方には、片ワキ2万円程度という良心的な料金で反転剪除法が受けられる池袋サンシャイン美容外科がおすすめ
  • 反転剪除法では、術後のアフターケアが適切に行われないと、傷跡の凹凸やツッパリ感などの後遺症が残る可能性がある
  • アクポリン汗腺を十分に除去できずにワキガが治らなかったり、再発してしまうリスクもある
  • 医学的な根拠はないが、ワキガ手術後にワキ以外の箇所から体臭が発生するという「術後臭」を経験する方もいる
  • 傷跡などのリスクや再発の可能性がある反転剪除法以外で、効果的でリスクがないワキガ解消法をお探しの方には、ワキガ専用のクリームや高額にはなるが最新の切らないワキガ治療もおすすめ⇒切らないから痛くない?最先端のワキガ手術の内容と施術可能なクリニック